AGAは簡単に言うと若い時に発症してしまうハゲや薄毛のことです。早い人だと10代の後半から20歳前後でなってしまう恐ろしい症状です。若いから大丈夫とは言えません、気になっているあなた、確実に忍び寄ってきていますよ。

AGAと若ハゲ

全ての若ハゲがAGAであるということは断言できません。ただ、AGAの症状になっている場合にはそれを治療するための薬や自毛植毛で治療することが可能ですがそれ以外の原因で若ハゲになっている時には注意が必要になります。なぜかというと、AGA以外を原因とした若ハゲでない場合にはAGAに対応した治療方法を実施することが出来ないからです。なぜAGAにしか自毛植毛や薬を利用することが出来ないのでしょうか。それは、AGAの場合は若ハゲの原因がはっきりと特定されているからにほかなりません。男性型脱毛症以外の薄毛の症状に関しては、根本的な薄毛の症状を医学的に特定しづらいという事情が存在します。例えば、脱毛症状の代表的な症状の一つに円形脱毛症という症状が確認されていますが、この円形脱毛症に関してはっきりとした原因が未だに解明されておらず、なぜそのような抜け毛が生じてしまうのか近年でも研究されています。円形脱毛症に関しては様々な可能性があり、そうした確定的ではない薄毛の症状に対して薬の服用や自毛植毛を行ってしまうと身体に対してどのような副作用が現れるのかが検討もつきません。そのため、こうした抜け毛の原因をはっきりと解明されていない症状については薄毛の治療をすることが出来ないようになっています。これは、手術や薬だけではなくあらよる療法に関しても同じであるため知っておく必要があります。特に、若ハゲの原因は社会生活で暮らしていくことに対するストレスが原因であることが近年多くなっている事実もありますので、安易にAGAだけを原因として特定することは出来ません。こうした事情がありますので、若ハゲの治療に関してはより慎重に症状を判断するように心がけましょう。

AGAの特徴

AGAは主に男性ホルモンの影響によるもので、思春期以降に発症し、時間をかけてゆっくりと頭髪が薄くなっていきます。加齢によって頭髪が薄くなるのとは違い、思春期以降なら何歳からでも発症する可能性があるのが特徴で、30代前後で頭髪が薄くなっているのが多いですが、10代や20代でも目立つ人は少なくありません。AGAは男性ホルモンのジヒドロテストステロンが原因となりますが、影響を受けているのは頭部の中でも頭頂部か前頭部だけで、側頭部や後頭部はほとんど薄くなりません。そのため、症状が発症すると頭頂部か前頭部から徐々に髪の毛が薄くなるか、その両方が同時に進行していくようになります。特に多いのが前髪の生え際が徐々に後退していくもので、M字やA型の生え際となるため、多くの人が鏡を見て気づくことになります。つむじから発生する場合は、自分では見ることができず症状が現れてもすぐに発見できずに、薄毛がかなり進んだ状態で人に指摘されるか、手で触ったり風を受けて冷たい感触を覚えることで気づきます。進行速度は比較的ゆっくりとしており、昨日までフサフサだったのに、翌日になったら全てが抜けていたということはなく、症状が発症してから1~2年ほどで髪の毛が薄くなってきたと分かる程度で、そのまま放置していると5年ほど経過して誰が見てもハゲている状態になります。毛髪がまったく成長しないのではなく、成長するスピードが非常に遅く、期間も短いため、十分な太さや長さにならずに抜けるのが特徴で、抜けたあとの毛根も生え替わるまでの期間が非常に長くなります。毛髪が成長するまでには何年もの月日が必要になるため、抜け落ちるほど治療は難しく、長い期間が必要になることから、気づいた時にはすぐに治療することが重要になっています。

AGAではないハゲ

AGAは男性型脱毛症と呼ばれている薄毛で、遺伝子の影響を受ける事で、テストステロンの男性ホルモンと5α-還元酵素が結びついて強制脱毛ホルモンとも言われているDHTに変換され、DHTが毛周期を狂わすことで太く長く伸びるはずの髪の毛が途中で抜けてしまうと言ったメカニズムを持ちます。尚、AGAは20代から30代にかけての若い男性に多い薄毛で、早めに治療を受ける事で抜け毛を抑制させることが出来ます。薄毛の症状が起きた時、自分の薄毛はAGAではないかと過信してしまう事はよくありません。薄毛の症状と言うのは色々な原因で起きるもので、薄毛に症状を持つからと言ってAGAであると言う自己判断は症状を悪化させることにも繋がります。因みに、薄毛の中でも円形脱毛症と言うのは、頭皮の一部分が丸い形に薄くなるもので、ストレスや食生活の乱れなどにより生じるケースが多いと言われています。また、AGAの治療薬で有名なプロペシア強制脱毛ホルモンのDHTを抑制させる作用が在る医薬品で、他の薄毛に対しての作用はないため、安易に個人輸入代行を行っている通販サイトでプロペシアのジェネリック医薬品を利用しての治療は副作用などのリスクを持つとも言われています。尚、薄毛の症状にはそれぞれ原因が在るわけですが、AGAの場合は遺伝子の影響、テストステロンと5α還元酵素が結びつくことが抜け毛を生じさせる原因と言われていますが、薄毛は必ずしもこのような原因だけではなく、食生活の乱れや生活習慣の乱れ、ストレスなどにより薄毛が生じてしまう事が在るため、薄毛の症状が起きた時には専門クリニックでの診察やカウンセリングを受ける事で発毛および育毛治療を可能にしてくれるのです。